アンプルールの化粧品の特長は?

MENU

アンプルールの化粧品の特長は?

アンプルールってどんな化粧品?

アンプルールの化粧品の特長は?

アンプルールは皮膚の専門家が開発した美白化粧品として宣伝されている商品です。

 

シミに効くということで効果がううたわれていますが、顔のくすみが気になる人、シミがどんどん濃く大きくなっている人、コンシ―ラ―の使用に疲れている人、今までいろいろ使ったけどシミ対策にならなかった人などを対象にしています。

 

アンプルールの商品は10年連続で計900回以上メディアに掲載されているということで注目されています。キャッチフレーズとして「点と面のWケアで100%美白主義」をかかげています。ではそれぞれのアプローチ製品の特長を見てみましょう。

 

点のアプローチには「ラグジュアリーホワイト コンセントレートHQ110」

まず夜専用のケア製品で、点のアプローチをするという商品を見てみましょう。名前はコンセントレートHQ110というものですが、こちらは「新安定型ハイドロキノンシリーズ」を最高濃度で配合しているとされています。

 

使い方としては「化粧水をつける前にポンポンとたたき込むだけ」としています。ゲル状タイプなので密着度が高いのが特徴です。塗られたジェルは気になる部分に密着し、そこからハイドロキノンが放出されます。

 

このハイドロキノンとは麦芽やコーヒーなどにも含まれている成分で、約16年前に認可されたものです。このハイドロキノンはメラニン色素を生むメラニン細胞に作用してメラニン色素の産生を抑える働きがあるものです。またメラニン色素は、「チロシン」という物質が「チロシナーゼ」という酵素によって変化したものですが、このチロシナーゼの働きを抑制する効果もあります。

 

メラニン色素というのは紫外線による刺激によってたくさん生成されますが、酸化するとさらに濃くなってしまいます。そうした作用をおさえるものとしてハイドロキノンは注目されています。

 

このコンセントレートHQ110 は1回だけではなく、このハイドロキノンを時間差でメラニンに作用させるので、寝ている間にシミのケアができるのです。またこの商品の特長としては、ハイドロキノンの中でも「新安定型ハイドロキノン」を世界で初めて化粧品に配合していることにあります。

 

ハイドロキノンは美白有効成分として厚労省に認可されているアルブチンなどと比べても数十倍の効果があるとされていますが、不安定な性質のゆえに化粧品への配合ができませんでした。しかしこの新安定型のものは光や熱や酸素に対して安定しているので配合が可能になっています。

 

面のアプローチには「ラグジュアリーホワイト 薬用アクティブフォーミュラ」

続いて面でのアプローチをする薬用アクティブフォーミュラという商品ですが、こちらはモンドセレクション2014年で金賞を受賞している実力派です。こちらは朝と夜に使うものですが、「ハイドロキノン誘導体」と呼ばれる成分を通してメラニンの生成を抑える役割があります。

 

メラニン色素についてもう少し詳しく説明すると、メラニン色素はもともと肌を有害な紫外線から守るために作られる有用な物質ですが、肌の正常なターンオーバーが行われないとか、紫外線量が多くて生成されすぎるといったことが原因で排出されないことがあります。そうするとメラニン色素は肌の中に沈着してしまってシミのもととなります。

 

ですからシミの対策をするにはメラニンの生成をある程度抑えてあげる必要があるんですが、それをこのハイドロキノン誘導体が担ってくれます。さらにこの商品には「ビタミンC誘導体」や「セレブロシド」という有効成分を含有しています。これらの成分によって保湿力がアップし、肌の透明感にも貢献します。

 

ビタミンC誘導体はその抗酸化力も注目されています。活性酸素もメラニン色素と同様本来体に有用な働きをします。活性酸素は侵入してきたウイルスなどを攻撃してくれますが、多すぎると細胞や遺伝子を傷つけるというネガティブな作用もあります。いわばサビのように体を酸化させてしまうのです。

 

活性酸素が多くなるとメラニン色素をつくるメラノサイトが刺激されてメラニン色素が放出されます。生成されたメラニン色素はこの活性酸素からのダメージをカバーしてくれるとされていますが、いずれにしてもこのメラニン色素がシミのもととなる可能性がある以上問題です。とうわけでこれに対抗するには抗酸化力のあるものが必要です。そのうちの一つがビタミンC誘導体というわけです。

 

アンプルールの口コミ

ではアンプルールの製品を使った人の口コミを見てみましょう。まずコンセントレートHQ110のほうですが、ある30代の女性は

 

「気になっていた頬のシミが濃くなっていると気付き、ネットで検索→2000円程の美白トライアルキットを購入しました。キットには幾つかのアンプルールの商品が入っていますが、私はその中でもこのホワイトコンセントレートHQ110でトライアル使用中にシミが薄くなったと実感!感動!お値段で迷うところもありましたが、現品を購入しました〜。・・そして劇的にではないですが、消しゴムで消えていくように全体的にゆっくりと薄くなっています(引用元:http://www.cosme.net/product/product_id/10018524/review/505974770)」

 

と語っています。

 

この女性のようにトライアルタイプのものを買って試してみてから判断するのも手ですね。別の30代女性は

 

「乳白色でジェルのようなテクスチャーです。少量でもとっても伸びがいいです。お肌にすぐに浸透して、表面がサラッと仕上がります。お肌はとってもしっとりして、べたつきがありません。お肌にピタッと密着するので、気になるシミをしっかりケアできます(引用元:http://www.cosme.net/product/product_id/10018524/review/505955662)」

 

とコメントしています。点でケアできるジェルのテクスチャーが良かったようです。せっかく塗って落ちやすいと意味がないので、密着度の高さが評価できます。

 

続いて薬用アクティブフォーミュラですが、ある20代女性は

 

「数日で、頬の赤みや全体的なくすみがなくなってきた感じです。時間帯や日によって、お肌の色に違いはあるにしても、落ち着いたように思います。ハイドロキノンの安全性を高めた透明感有効成分、ハイドロキノン誘導体(アルブチン)が使われることによって一日中美白続行ができているので、効果が感じやすいみたいです!さすが医薬部外品!即効性がほしい!という方にオススメしたい美白美容液だな〜と感じました。(引用元:http://www.cosme.net/product/product_id/2912824/review/505848900)」

 

と言っています。トライアルキットを試した30代の女性は

 

「全体的に使用したのでこちらだけの効果というとそこまでわかりかねますが、でも浸透力が早くスーッと馴染んで内側からモッチモチ。くすみも消えて白くなりました。・・なんかとっても使用感が良くて、これを使用した後は爽快感がありスッとくすみが消えていく感じがしました(引用元:http://www.cosme.net/product/product_id/2912824/review/505775857)」

 

としています。数日で効果を実感できるかどうかは個人差やシミの程度があるとしても、効果に関してある程度感じている口コミは少なくありません。現在トライアルキットが税込1,890円で販売されているので、興味がある人は一度試してから肌状態を確かめてみると良いです。

 

アンプルールの化粧品の特長は?

 

 

 

関連ページ

HANAオーガニックの特徴
天然100%のオーガニックコスメを販売しているHANAオーガニックは、石油由来成分をまったく使わない天然100%の化粧品として作られてるため、肌に優しく出来ています。このHANAオーガニックの特徴やシミ消しとしての効果などわかりやすく解説していきます。
サエルの化粧品の特徴は?
あのポーラ・オルビスグループから誕生した乾燥肌・敏感肌専門ブランドのシリーズ商品であるdecencia サエルは、乾燥肌・敏感肌専門ブランドのシリーズ商品として有名です。このdecencia サエルのシミ対策化粧品としての効果やおすすめポイントなどわかりやすく解説していきます。
ビーグレンはシミに効果ある?
アメリカに本社を置く化粧品の製造と販売を行うビーグレンは、肌状態を改善するために非常に重要な浸透を重視し、有効成分を的確に肌の奥にまで届けるメカニズムを化粧品に活かしています。このビーグレンのシミに効くと言われている化粧品はシミ消しとして効果があるのか、どんなおすすめポイントがあるのかなど、わかりやすく解説していきます。
ロスミンローヤルの特徴
国内で唯一小じわにも効く医薬品と言われているロスミンローヤルという女性用保健薬はシミ消し対策として効果があるの?小じわや肌荒れ、暗いトーンの肌色、化粧で隠せないシミなどに悩む女性の肌トラブル対策として、ロスミンローヤルは有効なのか、おすすめポイントはどんなところなのか、などわかりやすく解説していきます。