20代のシミの原因と対策

MENU

20代のシミの原因と対策

20代でシミが発生!

20代のシミの原因と対策

「20代はまだまだ若いうち!」と油断している女子は世の中に少なくありません。

 

アラサ―とかアラフォーという表現はよく聞きますが、20代くらいまでは年齢をそれほど意識して肌ケアの必要性を感じることはないかもしれません。

 

もちろん20代後半になってくると少し焦りを覚える人もいるかもしれませんが、10代の延長線上という感覚の人もいるでしょう。

 

でもその感覚は危険です。シミや他の肌の不調は何も中年女性の専売特許というわけではありません。10代だってシミのリスクはあるくらいですから、20代はなおさらです。

 

ではシミが20代でもできてしまう理由についてまずおさらいしてみましょう。

 

シミができる基本原因はメラニン色素の沈着!

シミと一口に言ってもその種類にはいろいろなものがあります。シミのことを「斑」ということもありますが、年齢を重ねてできてくるシミというのはいわゆる「老人性色素斑」と呼ばれるものです。

 

また女性によくある肝斑は、ほほの両側に拡がるシミですが、閉経のタイミングで症状が緩和することもあり、女性ホルモンも関係するとされているシミです。これは20代から50代の人の3分の1が悩む症状とも言われています。

 

シミと言えばソバカスもその一つです。鼻周りに種をまいたようにできるシミですが、遺伝的な要素によって出てくるものです。ソバカスが一種のチャームポイントと言う人もいますが、本人からしてみればソバカスは無いほうがいいに決まっています。

 

さらに平たんではなく盛り上がってしまうシミ(脂漏性角化症)もあります。シミが角化してしまった表面から盛り上がりますが、よく手に現れることがあります。このようにシミと言っても顔だけに出るわけではなく、さらに原因や症状もいろいろです。しかし基本的にはメラニン色素というものが関係しています。

 

メラニン色素は女性の肌を語るうえで頻繁に出てくるワードなので誰でも一度は聞いたことがあるはずですが、メラニン色素の沈着、これが褐色のシミの原因であることが多いです。メラニン色素が沈着して皮膚に残ってしまうと、色素の色がもともと黒っぽいので目立つシミとして見えるのです。

 

ではメラニン色素が生まれなければシミが生まれないのかと言うと実はそうではありません。メラニン色素というのはもともと悪いものではありません。むしろ無かったら私たちの体は健康を損ねてしまうほど大事なものです。またこれがなかったら若々しさも保てません。どういうことかというと、日本人に多くあるユーメラニン色素は髪などを黒く染めてくれる物質です。

 

よく髪は黒いまま出てくるもので、それが白く染められると白髪になって出てくると思っている人がいますが、実はその逆で、髪はもともと白く、それがメラニン色素によって黒く着色されることで若々しい黒髪が生まれてくるというわけです。それでメラニンがないと若々しさが保てないというわけです。

 

ではメラニン色素とわたしたちの健康の関係についてはどうでしょうか?

 

メラニン色素と健康の関係

メラニンは髪を染めるだけでなく、紫外線や活性酸素から体を保護する役割を果たすので健康と関係があります。体が紫外線を浴びると、メラノサイトという細胞はメラニンを作って表皮のバリアを作ります。それがあると紫外線はそこで吸収されるので皮膚にダメージを与え過ぎることはありません。

 

また紫外線によって体には活性酸素が多く生産されますが、この活性酸素は増えすぎるとその殺菌能力の高さゆえに自分の体を傷つけてしまうものとなります。でもこの活性酸素によるダメージをやわらげてくれているとされるのがやはりメラニン色素です。この色素が酸化するというプロセスがあって肌へのリスクが軽減されているというわけです。

 

ですからメラニン色素はクッションのような役割を持っているとも言えます。しかし問題はこの後です。メラニン色素は紫外線などのダメージによって大量に生成されても、肌のターンオーバーによって自然と外へ排出されます。夏に肌がメラニン色素によって日焼けしてもしばらくすれば元の色に戻るのをイメージすると分かりやすいでしょう。

 

でも肌のターンオーバーがうまくいかなかったり、紫外線量が多過ぎればその過程に支障が出ます。

 

20代のシミ対策は?

紫外線やそれによって多くなる活性酸素、そしてターンオーバーの乱れ、これらの要素が絡み合ってメラニン色素の沈着つまりシミが起きてきます。では20代女性はどんな対策が取れるでしょうか?まず基本的なこととして紫外線のダメージを少なくすることです。例えば紫外線を意識しやすい夏や晴れの日だけでなく、冬や曇天の日でも紫外線は意識しましょう。

 

実は紫外線は冬でも夏の8割ほどはあると言われています。油断はできないわけです。ですから日焼け止めや日傘の徹底、防止などを身につけると具体的な対策になります。またターンオーバーを乱れさせないために、睡眠をよく取り、ビタミンを多く含む食品を摂取し、活性酸素と戦うための抗酸化作用を持つ食材を積極的に摂りましょう。

 

サプリによって摂取するのも手です。抗酸化サプリと呼ばれるものはいろいろありますので、すぐには変えられない食生活をサポートするものとして使うことができます。抗酸化という言葉は最近よく注目されますが、老化にも深く関わるとされる活性酸素に抵抗するものですから、シミにとどまらず健康面で総合的なメリットがあります。

 

また若いから大丈夫と思って、交友関係でも無理をしないように心がけましょう。夜中までSNSをしたり遊びまわるようだと体が悲鳴をあげてしまいます。完全に紫外線から身を守ったりターンオーバーを正常に保つのは無理でも、こうした点を意識するとシミが出来にくい環境に近づけます。

関連ページ

10代でシミ?原因は?
シミと加齢には大きな関係があり、肌の新陳代謝つまりターンオーバーの周期が遅くなってしまうことで、シミが出やすくなってきます。しかし、10代の若さでもシミが出る場合もありますよね?ここでは、若くてできてしまうシミの原因とそれを消すための対策法についてわかりやすく解説していきます。
シミを取れるレーザー治療とは?
身体を守る役割があるはずのメラニン色素が増えすぎてしまうと出来てしまうシミですが、メラニン色素が増えてしまう理由として、ターンオーバーの乱れが挙げられますよね。でもそれには時間がかかってしまいます。すぐにでもシミが消せるレーザー治療によるシミ対策についてわかりやすく解説していきます。
化粧品でシミを消せる?
歳は取りたくないのは多くの人が感じていると思いますが、年齢を重ねていくと、肌のシワ、たるみ、シミなどの肌質の劣化が目立ってしまいますよね?ここでは、化粧品によってシミを消してしまうことは出来るのか、わかりやすく解説していきます。
食べ物でシミ対策できる?
美人と言われる人のほとんどは肌が綺麗なことが多いですし、それは美人の条件とも言えますよね。いくら美人であっても年齢とともに出てくるシワ、くすみ、たるみ、シミなどの肌トラブルがあると台無しになってしまいます。ここでは、内側から、食べ物によってシミ対策が出来るのか、どんな食べ物がシミ対策として有効なのかなどわかりやすく解説していきます。
馬油を使ってシミ消しは可能?
植物性のものもあれば動物性のものなど、油にはたくさん種類があります。その中でも馬の油である馬油は古来から民間療法として用いられてきましたが、この馬油がシミ対策として効果があるのか、またその使い方はどうすればいいのか、など馬油を使ってのシミ消しについてわかりやすく解説していきます。