10代でシミ?原因は?

MENU

10代でシミ?原因は?

10代でシミ!原因は!?

10代でシミ?原因は?

「シミはおばさんの証」なんて思っている若い人はたくさんいるでしょう。

 

確かにシミと加齢には大きな関係があります。

 

年を取ると肌の新陳代謝つまりターンオーバーの周期が遅くなります。

 

周期には個人差があって、その日数は4週間から8週間くらいと言われています。

 

さらに体の部位によってもその周期は異なります。顔部分は比較的早く肌が生まれ変わりますが、腕や脚は遅い方です。これは血行によるものです。ターンオーバーについて簡単に説明すると、これは肌表面の表皮の4つの層のうち、一番下の「基底層」から始まる過程です。

 

ここで誕生した皮膚の細胞はだんだんと肌へと押しあがられていき、最終的にアカとなります。不潔なものとしてとらえられがちなアカはもともと肌の内部にあったものなのです。この一連の流れがターンオーバーです。これがあることで肌のキズはなくなりシミのもととなるメラニン色素が排出され、美しい肌がキープされます。

 

そしてこのサイクルが正常だといいのですが、年齢とともに遅くなってしまうとキズが治りにくいとか肌がくすんでくる、シミが増えたり濃くなったりするなどのいろいろな不快な症状が出てくるのです。では若いとターンオーバーがいつも正常かと言うとそうではありません。

 

ベストな周期は4週間くらいですが、実は若い人であってもこの周期が乱れる可能性があります。つまりシミができやすい環境を作ってしまうというわけです。では若いのに新陳代謝異常が起きる原因は何でしょうか?

 

ターンオーバーの乱れの原因

新陳代謝が乱れる一つの要素は成長ホルモンの乱れです。成長ホルモンと言うのはその名の通り細胞の成長に必要なものですが、睡眠がその分泌を支えています。睡眠時間が十分確保されていると、十分な成長ホルモンが出てきます。しかし睡眠不足だと分泌量が低くなるのでターンオーバーが進まないということです。

 

最近はほとんどの若者が携帯やスマホを使ってSNSを楽しむようになってきましたが、夜な夜なネットやテレビにかまけて寝るべき時に寝ないと問題です。睡眠と同じくらい食生活も大事です。ファーストフードが大好きという若者も多いですが、野菜や果物をあまり食べないでビタミンなど必須栄養素が不足しているとやはり新陳代謝に影響が出ます。

 

ビタミンにはAやB群、C,Eなどいろいろな種類がありますが、周期を正しくキープするために役立つものです。若い時はスタイルも気になってくるころであり、とにかく痩せようとして不健康なダイエットに走る若者もいます。糖質制限ダイエットなどが代表格ですが、摂るべきエネルギーや栄養素が欠けてしまって体を壊すようなら逆効果です。

 

若者と言うとストレスも大敵です。現在の競争社会では若いころから一日中ハードに勉強や習い事をする子も少なくありません。また学級崩壊などもよくささやかれていますが、学校生活におけるストレスも無視できません。家庭の問題もいろいろと起きている難しい世の中なので、若者もストレスが蓄積しています。

 

ストレスがたまればホルモンバランスが崩れます。こうした点も肌状態を悪化させる要因になります。このようにターンオーバーはいろいろな理由で乱れてしまいます。そしてそれはシミを防ぐ上で良い環境ではありません。

 

ターンオーバーの乱れだけじゃない。シミの原因

シミの原因要素としてメラニン色素の発生も取り上げたいと思います。メラニン色素はシミの元と書きましたが、もう少し正確にいうと、メラニン色素そのものや、これが生産されること自体は問題ではありません。むしろ生成される必要があります。メラニン色素はいろいろ問題視されている紫外線から身を守るための保護となるからです。

 

紫外線にはいくつか種類がありますが、簡単に言うと、紫外線を受けるとヒトの体は肌表面の表皮というところでメラニン色素などによる防御壁を形成します。そして紫外線を吸収するわけですが、これによって皮膚の病気などが発生しないようになっているのです。

 

活躍したメラニン色素はその後肌のターンオーバーによって排出されますが、紫外線量が多すぎてメラニンの生産が過剰になるなど、仮にターンオーバーにそれほど支障がなかったとしてもシミが出来やすい環境になる可能性があります。

 

シミ対策として何ができる?

上であげたような生活スタイルの乱れやストレスを軽減するのは簡単ではないでしょう。でも少なくとも食生活や睡眠に関しては自分の意識次第な所もあるので、すぐにでも取りかかると良いでしょう。遅くとも10時くらいにはベッドに横になるようにするとか、間食を控えて野菜や果物を積極的に取り入れるようにしましょう。

 

ストレスに関しては、何か新しいことに挑戦するとか、信頼できる家族や友人に気がかりなことを話すようにするなどして軽減を図りましょう。またそれと同時に紫外線対策も重要です。外で大量に紫外線を浴び続けていれば、メラニンの量が過剰になってしまうでしょう。

 

ですから紫外線対策を施して外出するなどの工夫も必要です。若いうちは新陳代謝が比較的順調な時期とはいえ、それを乱すような要素は取りのぞくよう意識しましょう。

関連ページ

20代のシミの原因と対策
20代はまだまだ若いし、スキンケアなんで本気でやらなくたって大丈夫!本当にそうでしょうか?10代でもあるシミのリスクは20代で無いはずがありませんよね?ここでは、20代から意識して対策しておくべきシミの原因とその消すための対策についてわかりやすく解説していきます。
シミを取れるレーザー治療とは?
身体を守る役割があるはずのメラニン色素が増えすぎてしまうと出来てしまうシミですが、メラニン色素が増えてしまう理由として、ターンオーバーの乱れが挙げられますよね。でもそれには時間がかかってしまいます。すぐにでもシミが消せるレーザー治療によるシミ対策についてわかりやすく解説していきます。
化粧品でシミを消せる?
歳は取りたくないのは多くの人が感じていると思いますが、年齢を重ねていくと、肌のシワ、たるみ、シミなどの肌質の劣化が目立ってしまいますよね?ここでは、化粧品によってシミを消してしまうことは出来るのか、わかりやすく解説していきます。
食べ物でシミ対策できる?
美人と言われる人のほとんどは肌が綺麗なことが多いですし、それは美人の条件とも言えますよね。いくら美人であっても年齢とともに出てくるシワ、くすみ、たるみ、シミなどの肌トラブルがあると台無しになってしまいます。ここでは、内側から、食べ物によってシミ対策が出来るのか、どんな食べ物がシミ対策として有効なのかなどわかりやすく解説していきます。
馬油を使ってシミ消しは可能?
植物性のものもあれば動物性のものなど、油にはたくさん種類があります。その中でも馬の油である馬油は古来から民間療法として用いられてきましたが、この馬油がシミ対策として効果があるのか、またその使い方はどうすればいいのか、など馬油を使ってのシミ消しについてわかりやすく解説していきます。