馬油を使ってシミ消しは可能?

MENU

馬油を使ってシミ消しは可能?

馬油って何?

馬油を使ってシミ消しは可能?

世の中にはいろいろな油があります。

 

植物性のものもあれば動物性のものがあり、料理や美容によく使われます。

 

油の中に「馬油」があります。馬油は読んでそのまま馬の油です。

 

テールの付け根や頭上の髪や皮下脂肪などから採られますが、これを加工したものが馬油です。

 

科学的なものではありませんが、民間療法としては馬油は昔からよく使われてきました。特に火傷の治療薬としてなじみがあるものです。馬油の特徴はその浸透力です。成分的にヒトの皮脂に近いため肌へのなじみが良いのです。不思議なことに油という言葉から連想するように塗った最初はべたついた感じになりますが、すぐにサラッとするのが特徴です。

 

歴史は古く400年ほど前に日本に伝わったと言われています。その効果は様々で、乾燥対策にはうれしい保湿作用や血液の循環を良くする効果もあります。また抗菌作用や抗酸化作用も持っているので注目の成分なのです。ではそんな馬油とシミの関係について少し解説したいと思います。

 

馬油とシミの関係

馬油は血行を促進する効果があります。塗り込むと血の巡りが良くなるので新陳代謝が促されます。新陳代謝はターンオーバーのことですが、肌の細胞が生まれ変わるサイクルを意味しています。実はターンオーバーはいろいろなことが原因でその働きが順調に行かなくなることがあります。

 

そうするとどうなるかというと、本来なら処理されるはずのメラニン色素が肌内部にとどまった状態になりシミとなるのです。メラニン色素について少しだけおさらいしておくと、この色素はメラノサイトというメラニンの製造工場から作られる色素です。

 

色は黒く(エウメラニンの場合。橙赤色のフェオメラニンというものもあるが、日本人はエウメラニンが主体)、この色素のおかげできれいな黒髪が育ちます。もしメラニン色素がなければ髪が黒く染まらず白いまま出てきて白髪となるのです。肌に関してもメラニンは有効な働きをします。

 

メラニンは増えた活性酸素を防いだり、降り注ぐ紫外線からのバリアの働きをしてくれるのです。しかし残念ながらこのメラニン色素が増えすぎて処理できなくなるとシミとして残ってしまうのです。

 

ターンオーバーが非常に順調だとまだいいのですが、加齢やストレス、食生活や睡眠時間の乱れによってうまくいかないと(30代や40代の人はターンオーバーの周期が1カ月半くらいになる。早い場合は1カ月前後)、メラニンもちゃんと排出されません。

 

というわけで馬油について再び話題を戻すと、馬油が塗られた部分は血行促進作用によってターンオーバーの正常な周期を保つのに有効とされています。

 

ですからシミがある箇所に塗り込むことでシミを薄くする効果が期待できるというわけです。もちろんターンオーバーの乱れは他にも原因があるわけですし、そもそも紫外線が注ぐことによってメラニンが大量生成されたり、活性酸素の過剰産出を生みだすことでやはりメラニンが増えるわけですから、馬油を塗るだけで全てOKというわけではありません。当然の話ですが、総合的な肌ケアが大事なのです。

 

馬油のデメリットと使い方

馬油は商品によっては品質に違いが明白にあります。取り扱っている会社はたくさんあるので、低品質のものだと臭いがきついとか浸透力が弱いという事になります。他にも顔の産毛が濃くなるとか、値段が高いといったデメリットの情報がありますが、これには個人差や個人の味方も関係するので定かではありません。

 

さて使い方ですがとてもシンプルです。まず洗顔をして顔全体をきれいにします。気になるシミ部分は特に念を入れあがら顔全体をまんべんなく塗ります。もともと浸透力はあるわけですが、塗った後にパックしてあげると効果はさらにアップします。べたつきすぎないようにささっとすすぎます。

 

馬油を使っている人の口コミ

では実際に馬油を使っている人たちの口コミを見てみましょう。

 

馬油を使った製品としては「ソンバーユ」がとても有名なので、こちらを参考にします。例えばある30代のユーザーによると、

 

「昔からお肌に良いと言われている「馬油」、IKKOさんも紹介するだけあり、なかなかの優れものです。使い始めてもうすぐ2ヶ月が経ちますが、シミがうすくなってきてビックリ。乾燥の激しい飛行機内でも馬油を塗っていたおかげで、お肌はしっとりしていましたよ。感謝。お風呂に入りながらの馬油パックが、わたしのお気に入り♪しっとりします^^(引用元:http://review.rakuten.co.jp/item/1/209940_10000001/1mzr-h4j8i-967hit_168349567/?l2-id=review_PC_il_body_05)」

 

という効果があったとのことです。入浴時にパックすることで効果をあげられるという声はほかにもあります。別の50代の女性は

 

「ここでの口コミを見て半信半疑で使てみました。一番感激したのは一皮むけたように顔が白くなりシミが消えたこと。今までいろいろな美白化粧品を使い続けてきていまいち効果が得られなかったのに・・・すっぴんでも外に出れるようになりました。私は夜・顔・首・手にソンバーユのみです。こんなに経済的な商品はありません。今年55歳になりますが40歳代に見られてうれし〜!(^^)!やはりお手入れはシンプルが一番!これからも使い続けます。(引用元:http://www.cosme.net/product/product_id/3965/review/502283763)」

 

とコメントを残しています。この女性のように即座に効果が出るかどうかは個人差があります。とはいえ馬油の効果はしばしば指摘されているので、一度試してみる価値はあるでしょう。

関連ページ

10代でシミ?原因は?
シミと加齢には大きな関係があり、肌の新陳代謝つまりターンオーバーの周期が遅くなってしまうことで、シミが出やすくなってきます。しかし、10代の若さでもシミが出る場合もありますよね?ここでは、若くてできてしまうシミの原因とそれを消すための対策法についてわかりやすく解説していきます。
20代のシミの原因と対策
20代はまだまだ若いし、スキンケアなんで本気でやらなくたって大丈夫!本当にそうでしょうか?10代でもあるシミのリスクは20代で無いはずがありませんよね?ここでは、20代から意識して対策しておくべきシミの原因とその消すための対策についてわかりやすく解説していきます。
シミを取れるレーザー治療とは?
身体を守る役割があるはずのメラニン色素が増えすぎてしまうと出来てしまうシミですが、メラニン色素が増えてしまう理由として、ターンオーバーの乱れが挙げられますよね。でもそれには時間がかかってしまいます。すぐにでもシミが消せるレーザー治療によるシミ対策についてわかりやすく解説していきます。
化粧品でシミを消せる?
歳は取りたくないのは多くの人が感じていると思いますが、年齢を重ねていくと、肌のシワ、たるみ、シミなどの肌質の劣化が目立ってしまいますよね?ここでは、化粧品によってシミを消してしまうことは出来るのか、わかりやすく解説していきます。
食べ物でシミ対策できる?
美人と言われる人のほとんどは肌が綺麗なことが多いですし、それは美人の条件とも言えますよね。いくら美人であっても年齢とともに出てくるシワ、くすみ、たるみ、シミなどの肌トラブルがあると台無しになってしまいます。ここでは、内側から、食べ物によってシミ対策が出来るのか、どんな食べ物がシミ対策として有効なのかなどわかりやすく解説していきます。