化粧品でシミを消せる?

MENU

化粧品でシミを消せる?

シミってそもそも何?

化粧品でシミを消せる?

年齢を重ねてくるとどんどん気になってくるのが肌質の劣化です。

 

「歳は取りたくない」とはよく言いますが、年齢による肌のシワ、たるみ、シミは誰にでも起きるものです。

 

また加齢だけでなく他の要素もいろいろ絡んできて肌状態を落ちていくものですが、ここでは特にシミについてピックアップしたいと思います。

 

シミってもともとは何なのでしょうか?シミは医学的に言えば「斑」のことです。斑には赤くなる紅斑や、紫っぽい紫斑、白っぽい白斑などがあります。

 

また有名なメラニンという黒い色素が皮膚に沈着することで起きる色素斑というものもあります。色素沈着は外的なダメージや内的な問題、例えばターンオーバーがしっかりと行われないことによってメラニンが滞る状態です。

 

メラニンによる色素斑に関しては、加齢によって進む老人性色素斑が一般的です。老人性といっても高齢の人だけが症状を訴えるわけではありません。20代などの若い人であっても起こり得ます。特にもともと肌の色が白い人や外で太陽光にさらされることが多い人はそうです。

 

また一般的には40代女性でシミを気にするようになる人はたくさんいますが、これはこれまでに浴び続けてきた紫外線ダメージと、加齢によるターンオーバーの乱れが組み合わさって起こることがよくあります。

 

メラニンは悪者か?

メラニンという言葉はよく聞かれる言葉で誰でも知っていると思いますが、髪に黒い色を付ける大事な役割を果たすので有用なものです。またメラニンは紫外線から体をプロテクトしてくれるという意味でもなくてはなりません。夏になって太陽光が強くなってくると、体は日焼けをします。

 

実はこの日焼けはメラニンによるものですが、紫外線を受けると表皮にあるメラノサイトという色素細胞はメラニンを大量に生産します。そうするとことでバリアを作って紫外線を吸収し、大きなダメージをもたらして皮膚がんが発生したりするのを妨いでくれるのです。

 

メラニンは黒い色素細胞なのでこれが大量に発生することで日焼けが起きるわけです。でも日焼けしても通常は肌が新陳代謝を行うことで皮膚が生まれ変わり、メラニンは外へと排出されていきます。ですから夏に日焼けしても元に戻るわけです。

 

でもターンオーバーがしっかり進まないとか、大量に浴び続けていると紫外線がそのまま残ってしまい、シミのもととなるのです。もともと有用なものですが、このように色素沈着の原因ともなるのでメラニンはネガティブな要素も強調されることが少なくありません。

 

シミを化粧品で消せる?

肌にはっきりと出てしまうシミは女性にとってのコンプレックスになります。ですから何とかして消したいものですが、化粧品でそれを行うことはできるでしょうか?専門的な治療のようにはいかないかもしれませんが、化粧品である程度の対策を行うことは可能です。化粧品と言ってもシミに効果のある成分が配合されたものを選ぶことが重要です。

 

そこらへんにある安いファンデーションでどうにかこうにか隠すというものではありません。現在シミに効果があるとされるもので厚生労働省が認可している成分はいくつかありますが(20種ほど)、これらはよく「美白有効成分」とかと呼ばれたりします。これらの成分はメラニンの生成を抑えてシミを防ぐものとして効果が認められています。

 

こうした成分は含んだ化粧品を使う事で一定の効果が期待できますが、必ず期待通りにいく保証はないです。数年前にはある大手化粧品メーカーが開発した、「ロドデノール」という医薬部外品有効成分を配合した化粧品によって白斑ができたという問題が大きく取り上げられました。ですから美白有効成分を使ったらシミ対策になると安易には考えない方が良いです。

 

しかし逆に言えば期待していた効果とは効き方が違ったものの、ある種の成分が肌状態に影響を与えていることは確かとも言えるので、その人に良いものを使えばシミへの効果があると判断できます。

 

いずれにしてもこうした美白化粧品はすでにできてしまったシミを完全に消すことが目的ではなく、これからシミができるのを未然に防ぐとか、すでに出来ているシミを薄くする目的で使うくらいが良いでしょう。ですからシミを消すためにはレーザーなど別の療法を試す必要があります。

 

シミ対策に有効とされている成分

厚生労働省によって美白に有効とされている成分として代表的なのはビタミンC誘導体やアルブチンなどです。他にもたくさんありますが、ここではこの2つだけ簡単にご紹介します。まず「ビタミンC誘導体」ですが、ビタミンCとあるのでなじみがある人は多いでしょう。

 

これは食品添加物にも使用がささやかれているものですが、ビタミンCそのものではなく、パワーアップ版といったところです。ビタミンCがちゃんと浸透していくために化合されたものと言えます。この誘導体にはターンオーバーを活性化したり抗酸化作用があります。ですからメラニンを元に戻して色素沈着を防ぐという作用があります。

 

続いてアルブチンですが、メラニンはチロシナーゼという酵素によってメラニンに変化するのですが、このチロシナーゼを抑制する作用があります。このどちらもメラニンの生成を防ぐ予防効果があります。ただこれらの成分が含有されていても、もし配合している化粧品が自分の肌に合わなければ意味がありません。

 

それによって乾燥が促進されたり敏感肌になることもありえます。ですからパッチテストなどを通してまずは副作用が出ないか確かめて上で使用を決定しましょう。

関連ページ

10代でシミ?原因は?
シミと加齢には大きな関係があり、肌の新陳代謝つまりターンオーバーの周期が遅くなってしまうことで、シミが出やすくなってきます。しかし、10代の若さでもシミが出る場合もありますよね?ここでは、若くてできてしまうシミの原因とそれを消すための対策法についてわかりやすく解説していきます。
20代のシミの原因と対策
20代はまだまだ若いし、スキンケアなんで本気でやらなくたって大丈夫!本当にそうでしょうか?10代でもあるシミのリスクは20代で無いはずがありませんよね?ここでは、20代から意識して対策しておくべきシミの原因とその消すための対策についてわかりやすく解説していきます。
シミを取れるレーザー治療とは?
身体を守る役割があるはずのメラニン色素が増えすぎてしまうと出来てしまうシミですが、メラニン色素が増えてしまう理由として、ターンオーバーの乱れが挙げられますよね。でもそれには時間がかかってしまいます。すぐにでもシミが消せるレーザー治療によるシミ対策についてわかりやすく解説していきます。
食べ物でシミ対策できる?
美人と言われる人のほとんどは肌が綺麗なことが多いですし、それは美人の条件とも言えますよね。いくら美人であっても年齢とともに出てくるシワ、くすみ、たるみ、シミなどの肌トラブルがあると台無しになってしまいます。ここでは、内側から、食べ物によってシミ対策が出来るのか、どんな食べ物がシミ対策として有効なのかなどわかりやすく解説していきます。
馬油を使ってシミ消しは可能?
植物性のものもあれば動物性のものなど、油にはたくさん種類があります。その中でも馬の油である馬油は古来から民間療法として用いられてきましたが、この馬油がシミ対策として効果があるのか、またその使い方はどうすればいいのか、など馬油を使ってのシミ消しについてわかりやすく解説していきます。